メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

私のこだわり 陸上(聴覚障害)・三枝浩基 ランプ付きスターティングブロック

 <avex challenged athletes>

 陸上競技で聴覚障害を持つ選手と健常者の選手との違いは「音」だ。私には自分の走る音が全く聞こえないので、感覚でやっている。たまに健常者と練習をするが、その時は「音」を教えてくれる。現時点での課題はスタート。見た目は変わらないけれど、トップ選手は無駄なくスターティングブロックに力を伝えているように感じる。

 聴覚障害者が使用するスターティングブロック付近には、競技の始まりが目で認識できるようにランプが取り付けられている。ランプはピストルと連動していて、「位置について」は赤▽「よーい」が黄▽「ドン」は青−−というように色で区別される。ただ、これらのランプは国内での大きな大会や国際大会などで使われ、練習で利用する機会は少ない。そのため普段からランプがなくても目で反応できるように動体視力を鍛えている。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです