高級車

倒木で大破 奈良の男性、管理の富山県を提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
倒れてきたブナの木で大破した「トヨタ2000GT」=原告側弁護士提供
倒れてきたブナの木で大破した「トヨタ2000GT」=原告側弁護士提供

 富山県南砺市内の国道156号で2014年6月、スポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木の直撃を受けて大破し、けがをしたのは県が管理を怠ったためとして、所有者の男性と運転していた男性(いずれも奈良県在住)が県を相手取り、車代や治療費など総額約3900万円の損害賠償を求める訴えを奈良地裁に起こした。同車は全国に約100台しかない…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集