メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肝臓がん

ゲノム変異で6分類 生存率0〜80%の大差

 生命の設計図と呼ばれるゲノム(全遺伝情報)の変異によって肝臓がんを6種類に分類でき、種類ごとに手術後の5年生存率に0〜80%と大きな差があることを突き止めたと、国立がん研究センターや理化学研究所などのチームが11日、明らかにした。患者に応じた診断や治療法を開発する手がかりになると期待される。成果は米科学誌「ネイチャージェネティクス」(電子版)で発表した。

 チームは肝臓がんの主要因である肝炎ウイルスによって発症した日本人の患者300人のデータを基に、70…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです