メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン選手賭博

田児を解雇、桃田は出勤停止30日

 男子バドミントン日本代表の新旧エースが違法カジノ店で賭博をした不祥事でNTT東日本は11日、所属する2012年ロンドン五輪代表、田児賢一選手(26)を解雇、世界ランキング2位の桃田賢斗選手(21)を出勤停止30日とする懲戒処分を決めた。男子バドミントン部は半年間の対外活動自粛とした。

 同社の懲戒規定で処分は6段階に分かれ、他選手を誘い、常習性が強い田児選手は最も重く、桃田選手は2番目に重くなった。賭博はしたが、頻度が少なかった他の部員6人(うち2人は3月に退部)は厳重注意処分とした。監督責任で久保田雄三監督らも厳重注意…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです