メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セキュリティー対策

米通信大手ベライゾン 情報の漏えい侵害 典型事例集を公開

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは、情報漏えいやセキュリティー侵害の事例集「Data Breach Digest(データ漏えい、侵害概要)」(DBD、英語版)を作成し、同社日本法人が12日、発表した。同社が実際に調査にあたった事例を中心に18例を選び、発生状況や手口、対応策をまとめたもので、同社がDBDを公開するのは初めて。アシシュ・ターパル調査対応マネージングプリンシパルは「セキュリティーには関わりがないと思っている人も、自分も関与してしまう可能性があると自覚して、自身の立場でのリスク評価をしてほしい」と話した。

 同社によると、情報漏えいの手口は巧妙で多様化しているが、攻撃パターンに分けると9種類に過ぎないとい…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  5. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです