メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
セキュリティー対策

米通信大手ベライゾン 情報の漏えい侵害 典型事例集を公開

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは、情報漏えいやセキュリティー侵害の事例集「Data Breach Digest(データ漏えい、侵害概要)」(DBD、英語版)を作成し、同社日本法人が12日、発表した。同社が実際に調査にあたった事例を中心に18例を選び、発生状況や手口、対応策をまとめたもので、同社がDBDを公開するのは初めて。アシシュ・ターパル調査対応マネージングプリンシパルは「セキュリティーには関わりがないと思っている人も、自分も関与してしまう可能性があると自覚して、自身の立場でのリスク評価をしてほしい」と話した。

 同社によると、情報漏えいの手口は巧妙で多様化しているが、攻撃パターンに分けると9種類に過ぎないとい…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです