SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『女子御三家』『子どもがひきこもりになりかけたら』

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

若者がつまずくことを若者のせいにはできない

◆『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』矢野耕平・著(文春新書/税抜き760円)

◆『子どもがひきこもりになりかけたら マンガでわかる 今からでも遅くない 親としてできること』上大岡トメ・著(KADOKAWA/税抜き100円)

 なにかと突っ込まれることが多い一億総活躍国民会議の民間議員をやっている。女性は15人中4人。いつも菊池桃子さんの隣の隣に座ることが多い。

 いくつかの政府の会議に出ていると、時々思いもかけないことがある。先日も男女共同参画の会議で「ねえ、あなた雙葉(ふたば)なんでしょ?」と声をかけられた。ご一緒した大学教授が学び舎(や)の1年先輩だったのだ。

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1514文字)

あわせて読みたい

注目の特集