メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

経済効果は年間2兆3000億円!? 絶好調「ネコノミクス」

猫も人もくつろげるよう木をふんだんに使った店内=東京都豊島区西池袋1の「猫カフェMoCHA(モカ)池袋店」で2016年4月6日

江戸後期、幕末にも猫ブーム 背景に閉塞感、不安感、不景気か

 猫ブームが止まらない。その経済効果は、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」にちなんで「ネコノミクス」と呼ばれるほどだ。しかも、その額がすごい。円高・株安が進み陰りをみせるアベノミクスと対照的に、ネコノミクスは衰えを知らない。この勢い、どこまで続くのか。【宇田川恵】

 ソファに腰掛けると、淡い茶とグレーの模様が上品なスコティッシュフォールドの「さとちゃん」が寄ってきた。東京都豊島区の猫カフェ。さとちゃんは丸い、フワフワの頭を私の手の甲にこすりつける。思わず頭をなでると、スッと身を引く。他の猫に目を移すと、再び寄ってきて、また頭をこすりつける。もう取材どころじゃない。さとちゃんかわいさで胸はいっぱいだ。

この記事は有料記事です。

残り2352文字(全文2685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです