メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代には「スポーツ」という言葉も概念もない。剣術や乗馬があるが、これは武士の危機管理項目であって、健康のためではない。なにしろどこへ行くにも歩かなければならないのだから。

 では現代のスポーツと似たものは何だろうか。それは祭りである。共通点を数えてみると六つもあった。第一は、決まった日におこなうのでそれを目標に稽古(けいこ)を積み重ねる。第二は、ひとりでおこなうのではなく、チームを作る。第三に、そのチームのなかからスターが生まれる。第四に、子供が一人前の大人になるための教育の役割を持っている。第五に、祭りの実施が共同体の結束や、共同体同士のトラブル回避の機能を持っている。第六に、つまりは社会のた…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです