メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
かすみがうらマラソン

いっしょに走ろう/上 初の伴走、準備入念に 世界陸上銅メダル・佐藤信之さん

佐藤信之さん=東京都日の出町の亜細亜大日の出キャンパスで、飯山太郎撮影

 国内最大級の市民マラソン「かすみがうらマラソン」(茨城県土浦市、かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)の第26回大会が17日、土浦市川口運動公園陸上競技場を発着点とする国際陸連公認コースで行われる。「第22回国際盲人マラソン」を兼ね、視覚障害者のレースでは国内唯一の国際パラリンピック委員会(IPC)公認大会。2万3210人がエントリーし、視覚障害者や車椅子ランナーがともに走る。大会を支える人々に意義や楽しさを聞いた。【飯山太郎】

 1999年陸上世界選手権の男子マラソン銅メダリスト、佐藤信之さん(43)は今回初めて、この大会で視…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです