メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ・良かんべ

本気家源天 道の駅しもつけ店 しもつけ丼 地元産の食材で新名物 /栃木

しもつけ丼

 「地元に丼系の新しい名物を作ろう」と下野市薬師寺の「本気家源天 道の駅しもつけ店」が考案した、地元産食材をふんだんに使った「しもつけ丼」が、県内外の観光客から人気を集めている。

 しもつけ丼は、「99%地元産食材使用」を売りにした料理。道の駅しもつけがオープンした2011年に考案された。コシヒカリの上に、千切りしたレタスとキャベツ、下野市内で育てられた鶏肉を乗せ、長ネギとノリ、糸トウガラシをまぶしたもの。丼はノリと糸トウガラシ以外は全て地元産で、「とちぎ元気グルメ選手権」の初代チャンピオンにも選ばれた。

 ストレスのかからない広い環境で、抗生物質を極力控えて育てられたこだわりの鶏肉は、やわらかく臭みがな…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです