メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の酒「金の鳩」

復活 百舌鳥八幡宮で奉納式 /大阪

復活した日本酒「金の鳩」の鏡開きをする益田美保さん(中央)ら=堺市北区百舌鳥赤畑町5丁の百舌鳥八幡宮で、椋田佳代撮影

 百舌鳥八幡宮(堺市北区)のお神酒として親しまれ、1940年代に途絶えた堺の日本酒ブランド「金の鳩(はと)」が復活し、奉納式が、同八幡宮であった。酒蔵を祖父の代まで営み、復活を企画したイタリア在住の益田美保さん(56)ら約40人が参加し、完成を祝った。

 金の鳩は、益田酒造が1876(明治9)年に造り…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです