メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

自転車スマホ事故800件、死亡例も4件 音楽や通話、SNS…画面に集中 11〜15年

 携帯電話やスマートフォン(スマホ)を使いながら自転車を運転して発生した交通事故が、過去5年間で800件を超えていることが警察庁のまとめで分かった。遮断機が下りた踏切に棒を折って侵入し、はねられるなど死亡した例も4件あった。日本自動車連盟(JAF)の実験では視野が狭まり、加害者になる可能性も高い。福岡市では小学校の児童がチラシ配りをするなど、危険性を周知するための啓発活動が広がる。【志村一也】

 警察庁によると、全国の交通事故のうち、携帯電話やスマホを使用した自転車の運転者が被害者や加害者になった事例は2011年は154件。12年209件▽13年158件▽14年166件▽15年128件−−と推移し15年までの5年間で815件起きた。

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです