IMF

日本、17年GDP成長率はマイナス0.1%

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
IMFの成長率見通し
IMFの成長率見通し

世界経済見通し 17年4月予定の消費増税が重荷に

 【ワシントン清水憲司】国際通貨基金(IMF)は12日発表した最新の世界経済見通しで、2017年の日本の実質国内総生産(GDP)成長率をマイナス0.1%とし、前回(1月)見通しから0.4ポイント下方修正した。17年4月に予定される消費増税が重荷になるためだ。16年も個人消費の弱さなどから0.5%との見通しを示し、0.5ポイント引き下げた。

 IMFは日本経済について「最近の円高と新興国需要の弱まりで、16年前半は経済活動が抑制される」と予想。その後、資源安や補正予算の効果が成長を後押しするものの、消費増税で17年はマイナス成長に落ち込むと見込んだ。日銀のマイナス金利導入は「民間需要を支援すると期待される」として前向きに評価した。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文813文字)

あわせて読みたい

注目の特集