メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万引き

「認知症が影響」執行猶予中の再犯に猶予判決

 窃盗事件での執行猶予中に万引きしたとして、窃盗罪に問われた神戸市の女性被告(61)に対し、神戸地裁は12日、懲役1年、保護観察付きの執行猶予5年(求刑・1年6月)を言い渡した。長井秀典裁判長は「被告の認知症の症状が一定の影響を及ぼしている」と判断。執行猶予中の再犯の場合、通常は再犯分と合わせて実刑となるが、医療や介護の支援で「更生が期待できる」とした。

 判決などによると、被告は万引きで2012年に罰金刑を受け、14年にも窃盗罪で懲役10月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。しかし、猶予中の15年9月に神戸市内のスーパーで食料品(被害額約800円)を万引きして再び起訴された。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです