甘利明氏

事件「寝耳に水」…直筆手紙で支援者に説明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
甘利氏が支援者に送った直筆の手紙
甘利氏が支援者に送った直筆の手紙

 現金授受問題を巡り、元秘書とともにあっせん利得処罰法違反容疑などで告発された甘利明前経済再生担当相(66)=1月辞任=が支援者に直筆の手紙を送っていたことが分かった。事件について「寝耳に水」とした上で「監督責任は免れません」と反省の姿勢を見せる一方、「道半ばで倒れる訳にはいかないのです」と政治活動の継続に意欲もにじませている。

 手紙は計5枚。日付は「4月吉日」で、本人の署名もある。冒頭で「皆様に多大なるご心配をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪。「あっせん利得処罰法に当たるような事実は全くありません」と強調しつつ、「事務所の監督が行き届かぬ事態を招き、痛恨の極み」としている。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集