卓球

平野「神様からいろんなご褒美頂いた」 引退会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミキハウス所属で柔道男子五輪3連覇の野村忠宏さん(左)から花束を受け取り、笑顔を見せる平野=大阪府八尾市のミキハウス本社で2016年4月12日、新井隆一撮影
ミキハウス所属で柔道男子五輪3連覇の野村忠宏さん(左)から花束を受け取り、笑顔を見せる平野=大阪府八尾市のミキハウス本社で2016年4月12日、新井隆一撮影

ロンドン五輪 福原、石川と女子団体で銀メダル

 卓球の2012年ロンドン五輪女子団体銀メダリストの平野早矢香(31)が12日、所属先のミキハウス本社(大阪府八尾市)で現役引退の記者会見を行い、「卓球の神様からいろんなご褒美を頂いた。よく頑張ったなと思う」と振り返った。今後は同社のコーチとして後進を指導。卓球の普及活動にも携わる。

 平野は福原愛(ANA)、石川佳純(全農)とともに団体で、五輪で卓球初のメダルとなる「銀」を獲得。「一番試合が楽しいと感じたのがロンドン五輪だった」と振り返った。3大会連続出場を目指したリオデジャネイロ五輪の代表候補入りを逃し、今年2月に現役引退を決断したという。終始すっきりとした表情だったが、自らに掛ける言葉を報道陣から聞かれると、涙ぐむ場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文411文字)

あわせて読みたい

注目の特集