メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「60歳で家を建てる」

60歳で家を建てるという選択肢はアリなのか? 著者・湯山重行さんインタビュー(上)

 定年を迎える60歳は「身の丈に合った住まい」の考えどき。さらに1000万円の資金のめどがつくなら、リフォームよりも新築のほうがいい−−そう語るのは、人気リフォーム番組の出演経験もある1級建築士の湯山重行さん(51)。2016年3月に出版した「60歳で家を建てる」(毎日新聞出版)では、これからリタイアを迎える同世代に向けて、夫婦2人が暮らすためのシンプルな平屋を提案する。リタイア後に自宅を新築するのは、果たして現実的なのか、どんなメリットがあるのか、湯山さんに聞いた。【毎日新聞出版図書第二編集部】

 −−50代〜60代前半の世代には、刺激的なタイトルでした。現実味はありますか? 

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2164文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです