メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「60歳で家を建てる」

60歳で家を建てるという選択肢はアリなのか? 著者・湯山重行さんインタビュー(上)

 定年を迎える60歳は「身の丈に合った住まい」の考えどき。さらに1000万円の資金のめどがつくなら、リフォームよりも新築のほうがいい−−そう語るのは、人気リフォーム番組の出演経験もある1級建築士の湯山重行さん(51)。2016年3月に出版した「60歳で家を建てる」(毎日新聞出版)では、これからリタイアを迎える同世代に向けて、夫婦2人が暮らすためのシンプルな平屋を提案する。リタイア後に自宅を新築するのは、果たして現実的なのか、どんなメリットがあるのか、湯山さんに聞いた。【毎日新聞出版図書第二編集部】

 −−50代〜60代前半の世代には、刺激的なタイトルでした。現実味はありますか? 

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2164文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです