メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
しあわせのトンボ

「伝える」と「伝わる」=近藤勝重

 鳥取県のホスピス医、徳永進氏が近著「どちらであっても−臨床は反対言葉の群生地」で、昔はがんが見つかっても隠すのが思いやりだったのに、今は正確に伝えるのが正しいとなって、「正解は一つと言い切ろうとする風潮すらある」といろいろ考え込んでおられる。

 物事をどう伝え、いかに表すか。はっきりと「伝える」方法もあれば、そこはかとなく「伝わる」方法もある。状況によって使い分けられるのだろうが、年のせいか最近は、「伝える」より「伝わる」方がいいと思えるようになった。

 現に映像でもはっきりと見せつけられるのには抵抗があり、テレビのドキュメンタリー番組の残酷な場面など…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです