メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かすみがうらマラソン

いっしょに走ろう/中 世界への道、障害者に

 1991年に始まった「かすみがうらマラソン」。95年から併催されている視覚障害者のフルマラソンは2010年以降、国際パラリンピック委員会(IPC)の公認大会となっている。

 公認大会となる条件の一つは、IPCの国際審判員である国際技術委員(ITO)の資格を持つ人が、審判員の統括役として大会の競技役員になること。今大会は、この役目を大阪市の商船会社社員、宮田英明さん(54)が務める。「かすみがうらマラソンは、国際大会に出る基準となるIPCの公認記録を、選手が国内で取得できる貴重な機会」と気を引き締める。

 宮田さんは中学生の時から陸上の跳躍種目などに取り組み、大学時代に走り幅跳びで日本選手権に出場した。…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです