メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ネット長城 崩す秘策=坂東賢治

 <moku−go>

 「全部、削除されたんじゃないのか。削除されれば誰も知らないよ」。世界を揺るがす「パナマ文書」に名前が挙がった中国の胡耀邦(こようほう)元総書記の三男、胡徳華(ことくか)氏が香港紙「明報」の取材に答えていた。

 万里の長城にも例えられるインターネット上の検閲システムを持つ中国では「パナマ文書」という言葉自体が排除される。習近平(しゅうきんぺい)国家主席の義兄ら指導部の家族が関係していたという情報も厳重に封じ込まれている。

 アイスランド首相の辞任など関連ニュースは報じられるが、中国とは無関係のように扱われている。パナマの…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです