バラハタ

他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バラハタ=東京都福祉保険局のホームページより
バラハタ=東京都福祉保険局のホームページより

 東京・築地市場の仲卸店で12日、食中毒を起こす恐れのある「バラハタ」が販売され騒動となったが、危険な魚はまだまだいる。山菜やキノコでは、しばしば毒性があるものを食べてしまう被害が起きているが、魚介類でも注意が必要だ。

名前は「バラ」の花の色から連想

 今回問題となった「バラハタ」は各地の水族館で展示されている。そのうちの一つ、沖縄美ら海水族館を運営する沖縄美ら島財団の総合研究センターによると、バラハタは、日本では和歌山以南に分布。体長が大きいもので80センチにもなるハタ科の魚で、名前のバラが示すように、赤い色をしている。沖縄ではサンゴ礁などの浅瀬から水深約200メートルに生息しており、釣り糸にかかることも珍しくない。また沖縄では高級魚として扱われ、市場では高値で取引されるという。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1170文字)

あわせて読みたい

注目の特集