メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バラハタ

他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

バラハタ=東京都福祉保険局のホームページより

 東京・築地市場の仲卸店で12日、食中毒を起こす恐れのある「バラハタ」が販売され騒動となったが、危険な魚はまだまだいる。山菜やキノコでは、しばしば毒性があるものを食べてしまう被害が起きているが、魚介類でも注意が必要だ。

 今回問題となった「バラハタ」は各地の水族館で展示されている。そのうちの一つ、沖縄美ら海水族館を運営する沖縄美ら島財団の総合研究センターによると、バラハタは、日本では和歌山以南に分布。体長が大きいもので80センチにもなるハタ科の魚で、名前のバラが示すように、赤い色をしている。沖縄ではサンゴ礁などの浅瀬から水深約200メートルに生息しており、釣り糸にかかることも珍しくない。また沖縄では高級魚として扱われ、市場では高値で取引されるという。

 バラハタによる中毒は「シガテラ毒」とされ、バラハタやバラフエダイ、イシガキダイなどが有毒種とされる。厚生労働省によると、1989(平成元)年から2010(平成22)年の間に、シガテラ食中毒は78件の届け出があり、このうちバラハタによるものが16件と最も多く報告されている。

 同省のホームページには、シガテラ毒の症状として、温度感覚の異常や筋肉痛、頭痛、排尿障害のほか、下痢や嘔吐(おうと)などの消化器系への症状があり、不整脈や血圧低下などの循環器系症状もある。神経症状は重症の場合、数カ月から1年以上継続することがあるが、死亡例は極めてまれとしている。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです