メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速船・衝突

犯人はクジラか 16年相次ぎ12人けが

シートベルト着用を呼びかける高速船内の張り紙=2016年3月24日午後3時50分、川上珠実撮影

 日本近海で高速船とクジラとみられる海洋生物との衝突事故が相次いでいる。2007年以降、年間0〜2件で推移してきたが、今年は既に3件発生し、計12人がけがをした。春はクジラが九州近海を回遊する時期に当たり、衝突の危険性も高まる。離島が多い九州は高速船の運航会社が全国で最も多く、九州運輸局が各社に対策の強化を要請した。

 「クジラやイルカなどの海洋生物との衝突事故が頻発しています。安全のため、シートベルトの着用をお願いします」。九州郵船(福岡市)の博多行き高速船が長崎・壱岐を出港して間もなくすると、船内にアナウンスが流れた。シートベルトを着けていない乗客がいないか乗組員が巡回する。座席のすぐ前の壁などには、万が一の時の衝撃を和らげるためクッションが張られていた。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです