メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やさしい日本語講座

外国人に伝える表現の工夫学ぶ 大分 /大分

「やさしい日本語」について話す犬飼さん(右奥)

 日本に住んでいるがあまり日本語ができない外国人と、外国語を使わず日本語で意思疎通するための「やさしい日本語」の講座が、3月に大分市のコンパルホールで開かれた。「やさしい日本語」は、阪神大震災の際、日常的でない災害用語が現地にいた外国人にうまく伝わらず、被害が拡大したことをきっかけに普及が始まった。東日本大震災でも「高台」などの言葉が伝わらない事態が起きたという。

 講座は外国籍の住民の増加や災害への備えなどのため、大分市が主催した。講師は、公益財団法人「ひろしま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです