メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 TPP、情報開示なぜ不十分?=回答・秋本裕子、ワシントン清水憲司

すべて黒く塗りつぶされた資料を示し、質問に立つ民進・玉木雄一郎氏=国会内で2016年4月7日、藤井太郎撮影

各国と秘密保持契約締結 政府「信頼損ねる」

 なるほドリーマンくん 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案と関連法案を議論する衆院TPP特別委員会で、政府が出した黒塗(くろぬ)りの資料が問題になったそうだね。

 記者 政府が官邸向けにTPP交渉の進捗(しんちょく)状況などを説明するために作成した「論点整理ペーパー」です。45ページありますが、内容が読めないよう表題以外の文字が黒塗りにされています。民進党は「真っ黒の資料でどう審議するのか。情報開示が不十分」と批判し、審議が紛糾(ふんきゅう)するきっかけになりました。政府は秘密保持契約(ひみつほじけいやく)があるため、詳しい内容を開示できないとしています。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英国のコロナ変異株「死亡率高い可能性」 ジョンソン首相が発表

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです