メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

安否の伝言、ネットで届け

 災害時は安否確認の通話が殺到して電話がつながりにくくなる。携帯電話各社はインターネットを通じて家族が無事かどうか分かるサービスを提供している。

 ●災害時は通話規制

 2011年3月の東日本大震災では、地震や津波で電話基地局が壊れたり、水没したりするなど通信設備も大きな被害を受けた。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクなどの携帯各社は、東北・関東地方の電話基地局の約2割にあたる計約2万9000カ所が使えなくなった。

 これに加えて、被災地に住む家族や友人向けに安否確認や見舞いの電話が殺到した。通信量が急増し、回線が…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです