メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

安否の伝言、ネットで届け

 災害時は安否確認の通話が殺到して電話がつながりにくくなる。携帯電話各社はインターネットを通じて家族が無事かどうか分かるサービスを提供している。

 ●災害時は通話規制

 2011年3月の東日本大震災では、地震や津波で電話基地局が壊れたり、水没したりするなど通信設備も大きな被害を受けた。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクなどの携帯各社は、東北・関東地方の電話基地局の約2割にあたる計約2万9000カ所が使えなくなった。

 これに加えて、被災地に住む家族や友人向けに安否確認や見舞いの電話が殺到した。通信量が急増し、回線が…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです