メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母と乳

第3部 生後のリスク/中 医療者の適切な介入を

低血糖で後遺症が残った次男に食事を与える女性。次男は今年、都内の特別支援学校に入学した=東京都板橋区で、中川聡子撮影

 <母と乳(ちち)>

 「粉ミルクを足していれば……という思いにさいなまれて。医療が発達した今の時代でも、運が悪かったと言うしかないんでしょうか」

 ●生後3日目に異変

 2009年6月、東京都板橋区の女性(40)は2545グラムの次男を出産した。母乳が出る気配はなく、次男もうまく吸えない様子だった。「とにかくおっぱいをくわえさせるように」。助産師から指示され、糖水やミルクは与えられなかった。

 異変は生後3日目に起きた。唇を紫に変色させ激しく泣く次男に看護師が気づいた。診察すると、生後42時…

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです