メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

新型中距離ミサイル「ムスダン」発射 直後に失敗

 【ソウル米村耕一、ワシントン西田進一郎】韓国国防省関係者によると、北朝鮮は15日早朝、日本海沿岸でミサイル1発を発射したが、直後に失敗した。聯合ニュースは、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」と推定されると報じた。発射の数秒後、「空中爆発した可能性が高い」という情報当局の話も伝えている。北朝鮮がムスダンを発射するのは初めて。15日は故金日成(キムイルソン)主席の誕生日で、国威発揚のために、これに合わせて実施した可能性もある。

 米戦略軍は14日、毎日新聞の取材に対し、米中部時間同日午後3時33分(日本時間15日午前5時33分)に北朝鮮のミサイル発射を覚知、追跡したことを明らかにした。戦略軍もミサイル発射は「失敗」と判断しているが、北朝鮮の挑発行為に対して「引き続き注意を怠らず、安全を維持するために同盟国の韓国や日本と緊密に協力することを完全に約束する」とした。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです