メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本震度7

警察庁、熊本県内9人死亡確認 家屋の下敷き

倒壊した住宅に閉じ込められた近所の女性の救出作業を見守る人たち=熊本県益城町で2016年4月15日午前1時54分、津村豊和撮影

自衛隊員1700人が救助活動

 14日夜に熊本県内を中心に起きた強い地震で、警察庁によると15日午前6時半現在、熊本県内で9人の死亡が確認された。負傷者は集計中だが、100人を超えた。現時点で生き埋めなどの情報は把握していないという。

 震度7の揺れに見舞われた同県益城(ましき)町で亡くなったのは、▽伊藤俊明さん(61)▽荒牧不二人さん(84)▽坂本龍也さん(29)▽福本末子さん(54)。いずれも倒壊した家屋の下敷きになり、死因は坂本さん…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです