連合

「民進と連携図る」 表現後退、旧維新をけん制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 連合は14日の中央執行委員会で、民進党との関係について「連携を図る」との方針を決定した。旧民主党時代に「支援を強化」としてきた表現を後退させた。合流した旧維新の党が公務員労組への批判を繰り返してきた経緯があり、民進党をけん制する狙いがあるとみられる。

 中央執行委では今後、旧民主党の理念や政策が民進…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集