メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
生乳

自由化、反発強く…自民・業界「需給調整できず」

生乳流通の現状と改革案

指定団体経由せずに補助金

 牛乳やバターの原料となる生乳の流通自由化を求めた政府の規制改革会議の提言に酪農家の反発が強まっている。指定団体経由で販売しなくても国の補助金が受け取れる内容となっており、夏の参院選を控える自民党は「需給調整ができなくなり、中小酪農家の経営を圧迫しかねない」と反対姿勢を鮮明にしている。

 規制改革会議はバター不足の解消に向け、酪農家や乳業メーカーを調査した際、廃業の続出で生乳の生産量が減少していることを把握。その一因に需給調整や販売を担ってきた指定団体制度があると提言で指摘した。

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです