消えた年金

AIJ前社長、有罪確定へ 上告棄却

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 AIJ投資顧問(MARUに商号変更後、破産)による企業年金消失事件で、詐欺罪と金融商品取引法違反(契約の偽計)に問われた前社長の浅川和彦被告(63)の上告審で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は12日付で被告の上告を棄却する決定を出した。求刑通り懲役15年とした1、2審判決が確定する。

 第1小法廷は、1、2審で懲役7年の判決を受けた元取締役の高橋成子(56)、傘下の証券会社(破産)元社長の西村秀昭(60)両被告の上告も棄…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集