メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本震度7

「経験したことない揺れ」倒壊、火災も発生

地震の揺れで落ちた皿などが散乱した居酒屋の店内=熊本市中央区で2016年4月14日午後9時49分、野呂賢治撮影

 突然の激しい揺れに、繰り返す余震−−。熊本県益城(ましき)町で震度7を記録するなど、同県内を中心に九州各地で大きな揺れを観測した14日夜の地震。家屋倒壊や火災も各地で発生し、けが人も相次いだ。「今まで経験したことがないような揺れだった」。大きな地震に慣れていない南国の住民は体を寄せ合って、不安な夜を過ごした。

 「縦に2〜3回揺れた後、横に揺れ、電気が切れた」。最大の揺れを観測し、被害が集中した益城町。夫婦で…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです