メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本震度7

横ずれ断層が震源

アパートの土台が倒壊した現場=熊本県益城町で2016年4月14日午後10時50分、野呂賢治撮影

 14日夜に発生した熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード(M)6.5の地震は、南北方向に引っ張られる力で断層が横に動いた「横ずれ断層」型だ。この地域の地震では一般的なメカニズムだが、震源の深さが11キロと浅かったため、東日本大震災以来となる震度7の激しい揺れに見舞われることになった。

 今回の震源の近くには、熊本県内をほぼ北東から南西方向に延びる布田川(ふたがわ)、日奈久(ひなぐ)両断層帯がある。阿蘇外輪山の西側斜面から八代海南部に至る全長約101キロの活断層で、熊本県の内陸部で以前から大きな地震を起こすと考えられてきた。多くの専門家が今回…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです