連載

「60歳で家を建てる」

毎日新聞デジタルの「「60歳で家を建てる」」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

「60歳で家を建てる」

老いゆく親のために建てる家 著者・湯山重行さんインタビュー(下)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

家を負の資産にしないために

 2016年3月に「60歳で家を建てる」(毎日新聞出版)を出版した、1級建築士の湯山重行さん(51)。本の中で図面を無償公開した「60(ロクマル)ハウス」は、自分が60歳になったときに住みたい家として設計した。ところが意外にも「体の自由が利かなくなってきた親のために建てたい」という40〜50代の読者からの問い合わせも多かったという。年老いた親のために建て、将来は賃貸物件として活用できるのか、可能性を探った。【毎日新聞出版図書第二編集部】

 −−本の出版後、意外な反響があったそうですね。

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1815文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集