メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「60歳で家を建てる」

老いゆく親のために建てる家 著者・湯山重行さんインタビュー(下)

 2016年3月に「60歳で家を建てる」(毎日新聞出版)を出版した、1級建築士の湯山重行さん(51)。本の中で図面を無償公開した「60(ロクマル)ハウス」は、自分が60歳になったときに住みたい家として設計した。ところが意外にも「体の自由が利かなくなってきた親のために建てたい」という40〜50代の読者からの問い合わせも多かったという。年老いた親のために建て、将来は賃貸物件として活用できるのか、可能性を探った。【毎日新聞出版図書第二編集部】

 −−本の出版後、意外な反響があったそうですね。

この記事は有料記事です。

残り1571文字(全文1815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです