メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

山形市 東北芸術工科大学本館 稜線表す巨大三角形 /宮城

山の稜線を表現した本館。中央に鏡橋、右に水上能楽堂「伝統館」がある

 山形、宮城両県にまたがる蔵王山など山々に囲まれた山形市。同市上桜田3の高台にある東北芸術工科大学には高さ35メートルを超える巨大な三角形の本館がそびえ立ち、市内を一望できる。周囲の環境に合わせた設計が特徴で、山の稜線(りょうせん)を表している。同大法人企画室の山縣賢大さん(33)は「晴れた日の夕方、太陽が沈んでいくグラデーションの風景は心が癒やされる」と話す。

 山形県と山形市が拠出して1992年に開学した公設民営型の芸術系大学。県内出身者が約3割で、東北出身…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文984文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も
  5. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです