メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性カップル

伊賀で初の証明書 「堂々と歩ける環境を」 /三重

岡本栄市長(左)から「パートナーシップ宣誓書受領証」を受け取る同性カップル=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 同性カップルを認める証明書(受領証)の発行制度を1日から始めた伊賀市で15日、いずれも20代の女性カップルが最初の受領証を受け取った。2人は取材に「これからの希望になる」と喜びを分かち合った。【大西康裕】

 伊賀市で同居する2人はインターネットのニュースで市の「パートナーシップ宣誓制度」を知り、1日に担当課に電話で交付申請の意思を伝えた。約1週間前に市職員と面談し、パートナーシップ宣誓書にそろって署名。市は2人が付き合い始めた時期やデート中の写真を確認するなどしてカップルと認定。岡本栄市…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです