メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法律のツボ

盗難車にはねられ大けが。賠償請求は? /大阪

  Q 先日、盗難車にはねられ肋骨(ろっこつ)を折る大けがをしました。警察が捜査していますが、運転者は見つかっていません。通常の事故の場合は車の保険から賠償金などを支払ってもらえると思いますが、こうした場合、どう対応したらいいのでしょうか。(実例を基に構成しました)

  A 事故の責任は運転者が負うことが大前提です。しかし被害者保護の観点から、自動車事故については自動車損害賠償保障法によって「運行供用者責任」が定められ、所有者に賠償請求ができる場合があります。

 そこで、まず盗難車の所有者を調べます。車ごと逃走された場合は、車のナンバーが割り出せるかが重要になるでしょう。車が発見されている場合は、車内に残された車検証から所有者の確認ができることがあります。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです