メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

熊本へ生かす「震災経験」 官民で支援/先遣隊現地入り /兵庫

救援物資を手に被災地に出発するひょうごボランタリープラザの先遣隊=神戸市中央区で、井上元宏撮影

 熊本県で震度7の揺れを観測し、一時、4万人以上が避難するなど大きな被害が出ている熊本地震。一夜明けた15日、阪神大震災の経験を持つ兵庫県内からは、県警、ボランティアらが現地に向かった。また、被災地向けの募金が始まるなど、被災者の救助や復旧に向け、一斉に動き出した。【井上元宏、久野洋、松本杏、矢澤秀範】

 関西広域連合は、家屋被害調査の体制づくりを支援する先遣隊を派遣する。メンバーとして、県は被災証明業…

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1786文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです