メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家

学生支援、シェアハウスに再生 住民が運営委、地域活動で協働目指す 浜田 /島根

共用のダイニングキッチンで談笑する(左から)運営委の石田さん、泥谷さん、上代さん、上垣さん=島根県浜田市金城町下来原で、横井信洋撮影

 浜田市金城町下来原の空き家が、県立大浜田キャンパスの学生向けシェアハウスとして再生された。総合政策学部2年の女子学生5人が3月中旬から順次入居し、新生活をスタートさせた。少子高齢化が進む中山間地にあり、地元住民らはハウスの運営委員会を組織して学生を支援する。一方、学生たちも地域住民として行事に参加したり、小中学生の勉強をみたりして、互いに協力する。

 キャンパスから約10キロ離れたハウスは、木造2階建てで、延べ床面積は約185平方メートル。プロ野球…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. はやぶさ2 危険伴う2回目のリュウグウ着陸「するか」「しないか」惑星協会がメッセージ募集
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです