メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

熊本地震 大規模な余震多発 「横ずれ断層」型 地下構造が複雑

地震で脱線した九州新幹線の車両=熊本市西区で15日午後2時12分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 今回の熊本地震(マグニチュード6・5)は、活断層「日奈久(ひなぐ)断層帯」の北側の一部がずれて発生した。余震が多発し、その地震の規模が大きいのも特徴で、今後の余震に警戒が必要だ。一方、防災対策では新幹線の脱線防止徹底も急がれる。

 今回の地震は、九州の中でも地殻変動の影響でひずみが蓄積しやすい地質構造の「別府−島原地溝帯」周辺で起きた。日奈久断層帯もこの一帯にあって、南北方向に引っ張られる力が働いており、今回のような「横ずれ断層」型の内陸地震の原因となってきたと考えられている。

 震度1以上の余震の回数は15日午後11時現在で149回に達する。余震回数が多いのが今回の特徴で、その規模も大きいが、どうしてなのか。

この記事は有料記事です。

残り2357文字(全文2665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです