メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

パナマ文書 人はなぜ税金を払うのか=浜矩子

 先月の本欄では、SF小説家H・G・ウェルズの作品、「タイム・マシン」に示唆を得て、日本経済の「地下化」懸念に思いをはせた。今回は、世界的な大騒ぎの焦点となっている「パナマ文書」について考えてみることにした。すると何と、またもや、もう一人のSFの大家の言葉が頭に浮かんでしまった。今の世の中、どうもSF的怪異が起こりやすくなっているのかもしれない。

 それはともかく、今回インスピレーションを得たのは、かのロバート・A・ハインラインの言葉からだ。ハインライン先生いわく、「強い酒にはご注意を。飲むと、徴税人に向かって発砲し、しかも、的を外すことになる」。平成27年の確定申告書類と格闘しながら、同じような心境に陥った方がおいでになりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです