メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

スペイン産業相辞任 関与の報道

 【パリ賀有勇】租税回避地(タックスヘイブン)での取引を暴露した「パナマ文書」に記載のある法人との関係を報じられたスペインのホセ・マヌエル・ソリア暫定産業相が15日、辞任した。ソリア氏は「文書に名前のある人物は即座に説明すべきだ」と述べていたが、その後、スペインメディアが法人への関与を報道。ソリア氏…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです