メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

短期決戦の長期化=東短リサーチ・チーフエコノミスト、加藤出

 2013年4月に「2年でインフレ率を2%にする」と宣言して開始された日銀の量的・質的緩和策(QQE)は、短期決戦型の政策だった。しかし、QQEはすでに4年目に入っている。

 開始当初、黒田東彦総裁は「戦力の逐次投入はしない」と述べた。追加緩和カードを多数温存したものではなく最初から全力投球の政策だった。

 これにより円安が進み、輸出産業の収益は好転、海外からの観光客も大幅に増えた。だがその後は効果の限界…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです