メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母と乳

第3部 生後のリスク/下 「お母さんは寝ないもの」

東京都の女性会社員は毎月、長男の手型と足型を取っている。小さな手も足も少しずつ大きくなっている=五味香織撮影

 <母と乳(ちち)>

 ●身動きできない中

 やっと寝られる。そう思いながら眠りについたのもつかの間、助産師の声に起こされた。「お母さん、おっぱいください」。2015年3月。東京都の女性会社員(32)が帝王切開で長男を出産した翌日で、まだ午前4時台だった。2時間おきの授乳を続け、意識はもうろうとしていた。

 呼びかけになんとか目を開けた。両脚は血栓防止の装置で固定され、片腕は点滴の針が刺さったまま。手術の傷も痛かった。体の向きを変えることさえできない中、助産師が長男を連れてきて胸の上でうつぶせにした。乳首に口をあてがい、去っていった。

この記事は有料記事です。

残り2233文字(全文2500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです