メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

本震に「とにかく落ち着け」響く県庁職員の怒声

町役場前で毛布にくるまりながら夜を明かした避難者たち=熊本県益城町で2016年4月16日午前6時15分、宮武祐希撮影

 「落ち着け。とにかく落ち着け」。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本震」と気象庁から発表された。熊本市の熊本県庁10階に設けられた災害対策本部では16日未明、余震による県内の被害が次々に入り、職員の怒声が響いた。

 熊本市は前夜よりはるかに強い揺れに見舞われた。熊本市西区では鉄筋コンクリート造7階建てのマンションが崩落し、1階の駐車場部分が押しつぶされた。1階の飲食店を経営する森田康敬さん(40)は閉店後の片付け中に地震…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです