熊本地震

本震に「とにかく落ち着け」響く県庁職員の怒声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
町役場前で毛布にくるまりながら夜を明かした避難者たち=熊本県益城町で2016年4月16日午前6時15分、宮武祐希撮影
町役場前で毛布にくるまりながら夜を明かした避難者たち=熊本県益城町で2016年4月16日午前6時15分、宮武祐希撮影

 「落ち着け。とにかく落ち着け」。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本震」と気象庁から発表された。熊本市の熊本県庁10階に設けられた災害対策本部では16日未明、余震による県内の被害が次々に入り、職員の怒声が響いた。

 熊本市は前夜よりはるかに強い揺れに見舞われた。熊本市西区では鉄筋コンクリート造7階建てのマンションが崩落し、1階の駐車場部分が押しつぶされた。1階の飲食店を経営する森田康敬さん(40)は閉店後の片付け中に地震…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集