熊本地震

「家が斜面を転げ落ちた」…5人死亡の西原村

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
農業用ダムの周辺で起きた土砂崩れ=熊本県西原村で2016年4月16日午前9時1分、本社機「希望」から梅村直承撮影
農業用ダムの周辺で起きた土砂崩れ=熊本県西原村で2016年4月16日午前9時1分、本社機「希望」から梅村直承撮影

 「布田地区で古い家が斜面を転げ落ち、上下がひっくり返っていると聞いた」。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本震」と気象庁から発表された。熊本県西原村では、家屋倒壊で5人が死亡した。西原村小森の池尾敬一さん(66)は被害の大きさに驚く。自宅の周囲の家はどこも瓦屋根がずり落ち、窓ガラスは割れ、サッシごと地面に落ちているという。

 村内の「大切畑(おおきりはた)ダム」の一部が決壊し水が流出し、住民が避難しているという情報もある。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集