熊本地震

政府、激甚災害に指定へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地震で倒壊した家屋=熊本県益城町で2016年4月15日午前10時31分、本社ヘリから幾島健太郎撮影
地震で倒壊した家屋=熊本県益城町で2016年4月15日午前10時31分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 政府は15日、熊本地震への対応で救命・救助と並行して、屋外で一夜を過ごした避難者の屋内への収容や、避難所の状況改善に全力をあげた。熊本地震を激甚災害に指定する方針も固めた。安倍晋三首相は16日に被災地を視察する。

 安倍首相は15日朝に首相官邸で開いた非常災害対策本部会議で天候悪化の可能性を指摘し、「安全な避難先の確保」を指示した。菅義偉官房長官は記者会見で「ありとあらゆる対応をとる」と強調。国土交通省は熊本県内の旅館やホテルに避難者受け入れを要請した。首相は15日夜、官邸で記者団に「屋外で過ごしている方々も含め、全員安全な避難先に移動した」と述べた。

 東日本大震災では、避難生活の長期化で被災者の健康悪化が進んだことから、政府は避難生活の質を重視。今回は避難所に移動電源車を派遣したり、携帯電話事業者に充電器の配布を要請したりするなどし、障害者や人工透析患者の転院などにも取り組む。自衛隊は約1700人で熊本県益城町を中心に被害状況の確認や救助活動を行った。炊き出しや給水のほか、医療や入浴支援も実施したほか、同町役場などに毛布約800枚も届けた。河…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文991文字)

あわせて読みたい

注目の特集