熊本地震

倒壊危険度をステッカーで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国土交通省は15日、被災地の状況を公表した。熊本、大分、佐賀の3県で崖崩れや土石流が6件発生した。熊本県益城町では専門家が15日から調査を始め、崖崩れの危険がある59カ所のうち12カ所まで調査を終え、異常がないことを確認した。

 また、益城町は15日午後、熊本県の支援を受けて12人態勢で家屋などの倒…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

ニュース特集