メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「総務」と「庶務」の違い

企業や従業員を支える大事なお仕事! その差は何?

[PR]

アンジェリカ「雑用やないで!」
アンジェリカ「雑用なんかやないで! 勘違いしちゃあきません」 ケビン「ちょっとエキサイトしてるようダケド……。ドウシタノ?」 アンジェリカ「先週、この春に新社会人になった若者と話をしたでござるよ」 ケビン「ホォ、その若者が何か言っていたのカナ?」 アンジェリカ「イエス。彼は総務部に配属が決まったらしいっちゃね。でも『総務=雑用』と思っているらしく……」
ケビン「オォ、それは勘違いダネ……」 アンジェリカ「そうだべ? 『総務』だって『庶務』だって重要な役割だっちゃ」 ケビン「ワカリマシタ! 今回のテーマは『総務』と『庶務』に決まりデス。その若者にも勉強してもらいマショウ!」
今回は「総務」と「庶務」について解説しましょう。 いずれも、企業や役所における職種、役割のこと。 その業務は多岐にわたり、企業ごとに異なる部分もあります。 ここでは一般的な意味を説明していきましょう。 「総務」は会社そのものや従業員全体をサポートする職務のこと。 「総務」は広く縁の下の力持ちとしての役割が求められます。 「総務部」「総務課」などの名称で設置されている会社が多いでしょう。
例えば、社員旅行を実施する場合には旅行業者との調整を行い、オフィスが移転する場合には座席配置の社内調整や引っ越し業者とのやり取りを行います。 社員の健康管理など福利厚生の仕事が「総務」に含まれることも。 一方の「庶務」は、雑多な事務そのもののこと。 例えば、電話の応対や伝票の処理、郵便物の発送、資料整理、備品の管理や発注など。 「総務」は組織を、「庶務」は仕事を指す言葉で、いずれも会社や従業員を支える役割と考えるといいでしょう。 ケビン「仕事に雑用なんてないのデスヨ」
アンジェリカ「超一流の総務パーソンに!」
アンジェリカ「その彼には超一流の総務パーソンになってほしいものであーる」 ケビン「ソウデスネ。総務としての道をひたすらまい進することが大事だと、僕も思いマース。これから配属先が決まるという新入社員の人も多いと思いますが、皆さんガンバッテクダサイ! では、まとめデース」
「総務」とは企業や従業員をサポートする職務のこと。 「庶務」とはさまざまな事務のこと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです