メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンド観光

おもてなし、心込めて /秋田

なまはげと記念撮影をする台湾からの観光客=秋田市雄和椿川の秋田空港で

 インバウンド(訪日外国人)の皆さん、秋田へようこそ−−。海外からの観光客に秋田の良さを知ってもらうとともに、観光を通して地元を盛り上げる取り組みが、各方面で活発化している。

 県は今年度、県内の旅行業者によるインバウンド観光を対象とした新規事業の助成に乗り出した。県内を舞台とするツアーを公募することで、旅行関係者の人材育成や誘客の強化につなげる。

 助成の対象は、県内への団体旅行を企画する海外の旅行会社に対し、宿泊地や周遊プログラムを紹介する窓口業務。県内の観光資源を組み合わせ、県内に滞在してもらう「着地型」旅行商品を、個人旅行客らに外国語のウェブページで販売する事業も募集している。 県観光戦略課によると、県内の旅行業者は地元で活動する中小企業が多く、これまでは海外向けに独自の旅行商品を販売するケースが少なかった。地元を熟知した県内旅行業者…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです